販促が好きじゃないボクが、販促のプロとコラボして気づいた「大切な想い」

2017/06/03更新:

こんにちは!

美活脳アドバイザー、ゴハンこと上村です。

先日、販促サポーターの、かずみんこと勝矢さんとのコラボ企画「マスマス&販促ワークショップ」を開催しました。

主催側のボクが言うのも何ですが、実は「販促」という言葉が好きじゃありません。

売上げばかり見ている感じがするからです。ボクの勝手なイメージかもしれませんが、なんか圧迫感があるのです。

でも、タイトルに「販促」の言葉を入れないと、何の講座なのか、分かりづらくなるので、そうしました。

かずみんは、そういった販促のイメージから、ほど遠い人。むしろ、真逆な人なので、楽しいコラボとなりました(^^)。


圧迫系ではなく(笑)、癒し系かずみん(右)とツーショット

彼女に会ったことがある人は皆さん、「癒し系」という印象を持たれます(^^)

なぜなのでしょう?

かずみんの声が、アニメ声だから?・・・いや、そうでは、ありません(笑)。

彼女は「売上」ではなく「人」を見ているからでしょう。

お店のオーナーさんやスタッフさん、一人ひとりの話をよく聴く人なのです。それぞれの「したいこと」や「夢」をよく知り、それが、どうやったら、実現するか?そんなことを一緒に考える人。

もっと言えば、そのお店に来られるお客様の「したいこと」や「夢」を応援したいと本気で想っている人なのです。

彼女は自らを販促サポーターと名乗っていますが、ボクに言わせれば、かずみんは「人と人をつなぐサポーター」なのです。

ふだんの行動を見ていれば、それがよく分かります。

いつも、「誰々さんと誰々さんがつながったら、面白いことになる!お互いの夢が叶う!」といっては、人と人を引き合わす場をセッティングしていますから。

ボクと「コラボしたい」と、かずみんが言ってきたのも、そういう想いからでした(^^)。


マスマス(マイストーリーマトリックス)・ワークをすると、一人ひとりの大切な想いが、浮かび上がる瞬間があるのですが、彼女は、その瞬間が、大好きなのです。

マスマスと販促を組み合わせて、お店の人だけでなく、お店にある品を創った人の想いまでも応援したい。その、お店に訪れる人の想いを応援したい。

本気で、そう想っている、かずみんの気持ちが伝わってくるコラボでした。やっぱり、彼女は「人の想いをつなぐサポーター」だったのです。

おかげさまで、新たなご縁ができました。ありがとうございます(^^)

 

・・・・(6月のコラボ企画のご案内)・・・・


*かずみんとのコラボ第2弾!マスマス&販促講座「自分らしさを生かしてコンセプトを磨く」

大切なことは、一人一人の「想い」です。「想い」がない販促ノウハウは、一時的に効果が出たとしても、継続しないからです。

前回、ご参加されていない方も大歓迎♪詳細&お申し込みは、かずみんのブログへ。→http://kazumi-katsuya.com/mystory20170531-2/


*経営者向けマスマスTOCワークショップ

経営コンサルタント・しげさんこと森本さんとのコラボ企画です。論理と感性のアプローチで、チーム(会社みんな)の夢を描く基礎づくりの「学び合い」をします。

(補足)マスマス・ワークは、「したい」という感情や「本当の想い」に気づく感性からアプローチして、夢に向かうストーリーを描くもの。しげさんのTOCは、論理思考から夢(ゴール)を逆算するシナリオ(ストーリー)を描くもの。詳細はこちらへ。


この記事を書いた人
美活脳アドバイザー(生活習慣美容研究会 理事)
上村晃一郎(ゴハン)
化粧品店の長男として誕生。3才の頃から、多くの女性の肌を見て育つ。肌を診れば、人それぞれ異なる美肌ポイントが分かる。無理せず楽しみながら美肌や美ボディになる「美活脳®」を提唱。美容プロ専門誌「クレアボー」にて「肌と心が喜ぶ店頭レッスン」や「魅力発見!自分を活かすビューティコンパス®」等を連載。美容プロを育てる講師業も。日本化粧品検定・公式テキスト「コスメの教科書(主婦の友社)」監修者の一人。  2016年から美容業界を超えて、イキイキと輝く人が増えることを願い、BMR(ビジネス夢新聞)研修、マイストーリー・ナビゲーター(美活脳®ジュニア・ナビ)養成講座にも力を入れている。BPひまわり化粧品店の住所:三重県名張市元町376SCリバーナ1階

乾燥肌の改善に「美活脳」のTOPへ会社概要個人情報の保護についてお問い合わせ
Copyright (C) Tao, Inc. All Rights Reserved.