プロフィール

上村晃一郎(うえむら こういちろう)
美活脳アドバイザー
ビューティパートナーひまわり化粧品専門店 取締役
カウンセリング化粧品目利きの会 代表
生活習慣美容研究会 理事
健康管理士一般指導員
ビューティコンパスコーチ

1967年 化粧品店の長男として生まれる

美人スタッフさん達に囲まれて育つ。ボクの「おしめ」を替えてくれたスタッフは今も当店で勤めている。ありがとうございます!
(1970年にお店の前で撮影した写真です。当時は「クイーン」という店名でした。現在は「ビューティパートナーひまわり」です。)

1973年 名張桔梗が丘幼稚園卒園

同じクラスの女の子に、手をつねられたも、大人しく内気な男の子でした(笑)。

1981年に名張市立名張小学校卒業
マンガを描いて友達に読ませたりしていた。いとこの英ちゃんは、そのマンガを気に入り、10円で買ってくれた(笑)これが人生で最初にお金を稼いだこと(笑)

この頃に、小学校の図書館にある推理小説をすべて読んだぐらい「謎解き」が好きになる。

1984年 名張市立名張中学校卒業
「謎解き」好きのためか、興味の対象が「宇宙の果て」「自分って何?」という思春期特有の疑問をぼ~っ考える子供でした。相変わらず、おとなしい男の子だったのに、なぜか卒業まじかに「好きな子」に告白するという行動力を突如発揮するが、あえなく撃沈。あっさりフラれる(笑)

1984年 憧れの三重県立桔梗が丘高校に入学
フラれた反動からか、自分を変えたくなり、インターハイ常連で有名な陸上部に入部する。種目は長距離走。

あまりにハードな練習についていけず、周りから3日で辞めるだろうと賭けの対象にされるぐらいだったが、結局、3年間続けた。インターハイには行けなかったが、校内の体育祭の1500m走で一位になれた。何でも続ければ、それなりになるのだと気づく。でも、部活一筋の硬派になったため、勉強を一切せずにいたため、完全にバカになっていたことに気づくのが遅く、大学すべて落ち、浪人生に、、、。運動をすると人間は余計なことを考えなくなるらしい。

1988年 一浪した後、龍谷大学経営学部に入学
テニス&スキーサークルに入り、すっかり軟派に(笑)時はバブル。遊ぶのに最高な環境でした。大学近くに下宿したため、毎日のように友人が遊びに来てくれました。みんな、ありがとう!でも、勝手に電話に出たり、合鍵を作って勝手に部屋でマージャンは、やり過ぎです(笑)あの時は、正直、もう来るな!と思いました(笑)

就活時に読んだ松下幸之助などの本を読み、商売=社会貢献だと気づき、それが本当なら、商売をしたいと思い、ジャスコ(現 イオン)に入社する。

そこで商売の楽しさを知る。

二年後、父の経営する会社が厳しい状況にあることが分かり、助けたい一心で帰る。しかし、当時、化粧品店の現状は、あまりにメーカー主導で、お客様視点でなかったので、それを改革しようとしたが、メーカーさんのセールスさんや父ともケンカをしてばかりで、うまくいかない日々が続く。

そんなおり、社内で服屋部門をやめるという話になったので、どうせ辞めるなら、ボクに一年間、完全に任してくれと頼み、服屋を経営することに。服をリメイクしたりなどの工夫が良かったのか、売上が三倍になり、支店まで出すことができるようになる。しかし、リメイクは年をとるにしたがって、感性がずれていくかもしれないので、いつまでもできる仕事じゃないと感じ、将来に不安を持つ。

あらためて自分は何をしたいのか?を考えると、自然や身体などのこと、健康などに興味が昔からあったので、化粧品店をするほうが良いと気づき、一から化粧品を勉強しようと決める。

母のアドバイスを見ることから始め、メーカーの研修にも参加したりしたが、どうも納得がいかず。化粧品に疑問を感じ、自信を持って販売できるものか、徹底して調べたくなり独学を始める。特に母の勘ピューターの答えを科学的、医学的に裏付けしていくことをした。

独学の限界を感じ、メーカーの垣根を超えた、お客様視点にたった客観的なアドバイスをめざすため「カウンセリング化粧品目利きの会」を発足し、いろいろな見解を持つ化粧品開発研究者、原料メーカー、医者、他の美容アドバイザーとディスカッションを重ね、体系だてていく研究をした。

現在、化粧品専門店「ビューティパートナーひまわり」を営みながら講師業も開始し、客観的なスキンケア知識の普及や、がんばらなくてもキレイになれる美活脳メソッドの普及に努めている。日本化粧品検定協会 公式の1級・2級対策テキスト「コスメの教科書(主婦の友社出版)」の監修者の1人。

<好きな食べ物>
ご飯(白米)、味噌汁、たくわん、梅干、うどん、しょうが、しょうが焼き(焼肉)定食、餃子、プリン、チーズ、チョコレート、なしりんごなどの果物

<好きな音楽>
アン・サリー(Ann Sally)の「スマイル(Smile)」、ビル・エヴァンス(Bill Evans)のピアノ曲のほとんど。ヘレン・メリルの「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ(You’d be so nice to come hometo)」、ジム・ホールの「アランフェス協奏曲」、ケニー・バレルの「オータム・イン・ニューヨーク」それから「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」(Fly Me to theMoon)などのジャズ・スタンダートが好きです。あっ、スティングの「Shape Of My Heart」も好き。

<好きな映画>
最高の人生の 見つけ方」「ショーシャンクの空に」「パッチアダムス」「エリン・ブロコビッチ」「JFK」「レオン」、それから「刑事コロンボ」も好き。

<好きな言葉>
「道は無限にある(松下幸之助さんの言葉)」「おかげさま」「人事を尽くして天命を待つ」「人間万事塞翁が馬」「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」


乾燥肌の改善に「美活脳」のTOPへ会社概要個人情報の保護についてお問い合わせ
Copyright (C) Tao, Inc. All Rights Reserved.